【 重 要 】【Web-EDI】Internet Explorerのサポート終了に伴い、各社様にご対応のお願いです

「生鮮Web-EDI」もしくは「直納Web-EDI」をご利用の全お取引先様へ

ヤマザワ・よねや商事で共通のお知らせです。下記ボタンをクリックして文書をご覧ください。

株式会社ヤマザワより
弊社Web-EDIにおけるMicrosoft EdgeのIEモード対応のお願い

【確認その1】Web-EDIをご利用するPCのOSをご確認ください

お使いの環境によって、対応方法が異なります。

◆お使いのOSがWindows8.1以前の場合

現状のままIEをご利用いただいて問題ございません。特にご対応いただかなくても、これまで通りにWeb-EDIを使用できます。ただしセキュリティリスクは高くなりますのでご留意ください。

◆お使いのOSがWindows10の場合

OSアップデートによってIEそのものが起動できなくなってしまいますので、その際はMicrosoft EdgeのIEモードを使用してWeb-EDIをご利用ください。

IEモードの設定方法は2種類ございますので、本ページに各方法のマニュアルをご用意しました。御社の状況に合った方法で設定をお願いいたします。

→この下の【確認その2】以降の項目もご確認ください。

※Web-EDI環境構築時にJavaのインストールと設定が必須なのは従来と変わりません。Javaのインストールとセキュリティ設定はEdgeを使用する場合も忘れずに行ってください。

→Javaの設定マニュアルはこちらのページ(リンク先要ログイン)にありますのでご確認ください。

◆お使いのOSがWindows11の場合

OSにIEが搭載されておりませんので、Microsoft EdgeのIEモードを使用してWeb-EDIをご利用ください。

上記Windows10環境の場合と同じく、本ページ内のマニュアルをご覧いただき、御社の状況にあった方法で設定をお願いいたします。

Javaのインストールやセキュリティ設定もWin10環境と同じく忘れずに行ってください。

→この下の【確認その2】以降の項目もご確認ください。

【確認その2】Web-EDIにご利用するPCのMicrosoft EdgeはChromium版に更新されていますか?

Windows10以降の環境でWeb-EDIをご利用になるお取引先様は、Microsoft Edgeのバージョンの確認をお願いいたします。

Edgeのレガシ版にはIEモードがありません。お使いのPCのEdgeがレガシ版だった場合はChromium版に更新してください。

レガシ版とChormium版の見分け方について

お使いのPCのMicrosoft Edgeのアイコンを確認してください。レガシ版とChromium版ではアイコンが違います。単色のアイコンの場合はレガシ版です。緑色が混ざっているアイコンであればChromium版です。(クリックで画像拡大)

【確認その3】対応方法確認チャート

下記チャートを確認いただき、御社にあった対応方法を決めてください。(クリックで拡大)

【確認その4】Microsoft Edgeの設定方法マニュアル

①通常のIEモードを使用する

設定方法は非常に簡単です。まずはこちらの方法で弊社Web-EDIが利用できるかご確認ください。

ただし、30日間で設定が自動解除されますので定期的にEdgeの設定を直す必要があります。

通常のIEモード設定マニュアル

②Edgeエンタープライズモードでポリシーを設定し、弊社Web-EDIサイトを常にIEモードで表示する設定を行う

WindowsのPro Edtionをお使いの場合のみで使える方法です。(Home Editionをお使いの場合は①の方法でご対応ください。)

管理者権限で設定を行う必要がある部分が存在しますので、必ずシステム管理者様とご相談の上でご対応ください。

設定時の手順が多い方法ですが、こちらの方法では定期的にEdgeの設定を修正する必要がなく、常に指定したサイトをIEモードで表示することができます。

Edgeエンタープライズモードを利用する方法のマニュアル

 

以上