御社(ヤマザワ/よねや)のXMLファイルを別形式に変換するための変換定義ファイルはありますか?専用のファイルは必要でしょうか?

2021年2月13日 / 

クライアントソフトに付属している流通BMS2.0用の標準的な変換定義ファイルをお使いいただければ、問題なく変換可能ですので、専用ファイルは必須ではございません。

 

また、弊社(ヤマザワ/よねや)では専用の定義ファイルをご用意しておりません。

流通BMSのサーバーに接続しようとしているのですが、通信エラーが出ます。設定をどのように直したらいいのでしょうか?

2020年11月14日 / 

※必要事項を記入した協定シートを弊社までご提出いただいていることが前提の説明です。協定シートのご提出がない場合は弊社側の接続設定ができず、御社で正しく設定していても通信不可能となります。

 

テストサーバーを使用した通信テストが一度完了しているお取引先様の場合、誤送信防止のためテストサーバー側のユーザーは停止させていただいております。

システム入れ替えなどで改めて通信テストの必要が生じた場合は、一度弊社までご相談ください。

 

また、サーバメンテナンスなどの理由でサーバが停止している場合もございますので、サイト内のご案内をご確認ください。

 

 

はじめに、クライアント認証の設定が正確にできているかご確認をお願いいたします。

よく引っかかる項目は以下となります。

  • クライアント証明書はインストール済みですか?(※トライアル版は使用不可です)
  • クライアント証明書の本体以外に、中間証明書はインストールされていますか?
  • インテック社以外の証明書をお使いの場合は、インテック社の中間証明書のインストールもお願いします。
  • インテック社もしくはシマンテック社製以外の証明書をお使いの場合は弊社までご報告ください。(弊社側にも作業が必要となるためです)
  • クライアント証明書の期限をご確認ください。
  • 接続のオプション設定をご確認ください。認証の設定は「クライアント認証」となっているでしょうか?(ベーシック認証になっていませんか? ベーシック認証は「使用しない」にしてください)

 

次に、接続設定に正しい値が入っているか確認してください。必要な値は協定シート内に記入されております。

以下はACMSLiteNeoの設定画面の項目名となります。他のクライアントソフトもこれに準ずる項目名となっていると思われますので、ご参考にしてください。

 

①「発信先URL」

→BMSサーバーのURL(テスト環境と本番環境で接続先が違いますのでご留意ください)

 

②「相手URI」

→協定シートの「EDI通信パラメータ協定」内「3-5 識別情報」の「マシン識別情報」の値

※ヤマザワの場合は「(ヤマザワのGLN13桁)-001」を入力

※よねや商事の場合は「(よねや商事のGLN13桁)-001」を入力

 

③「相手識別子」

→協定シートの「EDI通信パラメータ協定」内「3-5 識別情報」の「企業識別情報」の値

※ヤマザワの場合は「ヤマザワのGLN13桁」を入力

※よねや商事の場合は「よねや商事のGLN13桁」を入力

 

④「当方URI」

→協定シートの「EDI通信パラメータ協定」内「4-5 識別情報」の「マシン識別情報」の値

※ヤマザワの場合は「YZ(ヤマザワとの通信に使う取引先コード5桁)-001」を入力

※よねや商事の場合は「YN(よねやとの通信に使う取引先コード5桁)-001」を入力

 

⑤「当方識別子」

→協定シートの「EDI通信パラメータ協定」内「4-5 識別情報」の「企業識別情報」の値

※御社のGLN13桁を入力

 

ここまで修正しても接続不能な場合は弊社側の設定が間違っている可能性がありますので、至急弊社(ヤマザワ/よねや)までご連絡をお願いいたします。

 

弊社では既に「よねや商事」とBMSで取引を行っていますが、ベーシック認証を使っています。移行後も使えますか?

2020年7月28日 / 

移行後はベーシック認証方式を採用しませんので、クライアント認証方式への対応をお願い致します。

 

弊社(ヤマザワ/よねや)では、流通BMS2.0移行に伴い、セキュリティ強化のためにクライアント認証方式を採用することになりました。

ご理解とご協力をお願いいたします。

開発が移行予定日までに間に合いません。どうしたら良いでしょうか?

2020年5月29日 / 

本サイトの「お問い合わせ(登録者限定)」から弊社(ヤマザワ/よねや)までご連絡をお願いします。

その際は、対応完了を予定している時期もお知らせいただけると大変助かります。

弊社でもできる限りのフォローはさせていただきます。

 

移行日に間に合わない場合でも、移行の予定がある場合は協定シートのご提出をお願いいたします。

 

完全な処理を行うためには お取引内容ごとに弊社が指定している全てのメッセージが必要ですが、最低限あれば開始できるラインは存在します。

まずは弊社(ヤマザワ/よねや)にご相談ください。

 


 

現在は旧システムと新システムを並行稼働させておりますが、2つのシステムを維持・運用するための弊社のリソースは限られております。

また、JCAで使用しているISDN回線は廃止が確定しており、これ以上維持することは物理的に不可能となっております。

 

以上の理由により、現在JCAをご利用中のお取引先様が 弊社とのオンライン取引を継続するためにはシステム移行が必要となります。ご理解とご協力をお願いいたします。

 

お取引方法を変更する場合は、弊社バイヤーとご相談をお願いいたします。

グループ会社の「ヤマザワ薬品」ともEDI取引があるのですが、「ヤマザワ薬品」との取引も流通BMSに移行するのでしょうか?

2020年5月26日 / 

「ヤマザワ薬品」とは完全に別のシステムを使用しているため、今回の流通BMS移行には含まれません。

弊社のBMS取引ではバージョン1.3しか使っていません。バージョン2.0ではなく1.3での取引は可能ですか?

2020年5月26日 / 

バージョン2.0となってはいますが、「請求鑑メッセージ」以外の部分は1.3と同等内容です。

(流通BMS協議会配布の2.0用スキーマも、今現在そのような内容になっています)

 

今後のインボイス対応を見据えて「請求鑑メッセージ」を使用する形になりましたので、ご理解とご協力をお願いいたします。

※「請求鑑」については実際に法律が施行されるまでに対応していただく形でも構いません。

 

現状で1.3のメッセージしか作成できない場合

ヘッダ情報が1.3のメッセージを御社から弊社に送信いただくことは可能です。弊社ではバージョンを参照しておりません。

ただし、弊社から御社へ送信するメッセージのヘッダ情報は2.0となっております。

クライアントソフト側でヘッダが2.0のメッセージを受信可能かどうか、各社様でご確認をお願いいたします。

 

2.0メッセージ受信への対応が間に合わない場合は、本サイトの「お問い合わせ(登録者限定)」から弊社(ヤマザワ/よねや)にご相談ください。

その際は、対応完了を予定している時期も教えていただけると大変助かります。

流通BMSに移行後、データ処理料などの手数料に変更はありますか?

2020年5月25日 / 

今までの課金方法に変更はありません。

弊社では普段、伝票を使っておりません。疎通テストにおいてTA2型伝票を作成する必要がある旨の記載がありますが、他の帳票で代替は可能でしょうか?

2020年5月23日 / 

流通BMSに規定されている「納品明細書」で代替可能です。

ただし、普段の弊社(ヤマザワ/よねや)とのお取引で伝票を利用しないお取引様のみとなります。

伝票を利用される場合はTA2型伝票をご用意ください。

※「納品明細書」は、Aタイプ(14明細)もしくはBタイプ(32明細)のどちらかでお願いいたします。

店舗直納のお取引先様や衣料部門のお取引先様はTA2型伝票が必須となっておりますので、ご留意ください。

 

伝票を使用せず、「納品明細書」を出力するために別途開発が必要な場合などは、普段お使いになられている帳票類で代用してください。

※ピッキングリストなど具体的に商品名・数量や納品先が表示されているものであれば何でもOKです。

 

クライアント証明書は必須でしょうか?

2020年5月22日 / 

必須となります。

弊社では今回からセキュリティ面を考慮した結果、クライアント認証のみを採用することになりました。

よってクライアント証明書が無い場合は、弊社のBMSサーバに接続できません。※トライアル版も不可です。

 

→新規取得される場合は、株式会社インテック様の「EINS/PKI for EDI」(外部ページ)をお申し込みください。

(流通BMSで使用される「証明書・署名」は業界専用です。パブリック証明書は使用不可となります。)

申請から発行まで最長1か月ほどかかりますので、余裕をもってお申し込みをお願いいたします。

 

既に他社様用でクライアント証明書を取得済の場合はそのまま利用する事が可能です。

また、ヤマザワ・よねや商事で同じクライアント証明書をお使いいただくことが可能です。

「生鮮Web-EDI」で取引していますが、移行対象になりますか? 今回は対象でなくとも、今後どうなりますか?

2020年5月22日 / 

生鮮部門取引は今回の移行対象ではありません。生鮮Web-EDIはこれまで通りご利用いただけます。

今後も移行予定はありません。

 

■注:【ヤマザワ】アウトパック取引先様は移行対象となります。

ログインステータス

CAPTCHA


TOPへ戻る

Top